立ち位置

オンラインカジノの立ち位置

オンラインカジノを運営している会社はたくさんありますが、大手の安心して利用できるオンラインカジノは、すべて国や自治体からライセンスを発行してもらい運営をしています。つまり「オンラインカジノが運営してもいいですよ」という許可を公的な機関からもらった状態で運営しているのです。
そのため、そういったオンラインカジノは法律的な違法性は一切ありません。しかし問題になるのはプレイヤー側です。日本では、カジノというギャンブルは認可されていません。国営ギャンブルと言えば競馬や競輪、パチンコ、スロットなどです。それ以外のギャンブルを行ってしまうと、賭博法違反ということになってしまいます。つまり、普通に考えたら日本人がオンラインカジノで遊ぶということは違法だということになってしまうのです。しかし重要になってくるのが、オンラインカジノが設置されているサーバーが海外にあるということです。サーバーが海外にあるということは、日本人が海外にアクセスし、海外の法律によって認可されたゲームを遊んでいるという形になるのです。この複雑な構造によって、賭博法の範囲では逮捕できないグレーなゲームとしてオンラインカジノは存在しているのです。

ライブカジノ

オンラインカジノで起きた事件

日本では、法律上、オンラインカジノでプレイすることが合法なのか、それとも違法なのかという部分は法律が整備されていないためはっきりしていません。しかし気になる事件が一つあります。それは、「スマートライブカジノ」というオンラインカジノで、プレイヤーが3人逮捕されたという事件です。
逮捕されたものの、不起訴処分となり、有罪ではなかったのですが、今後オンラインカジノをプレイしようと考えた時に、非常に気になるニュースの一つでもあります。これはなぜ起きてしまったのでしょうか。スマートライブカジノは、サーバーが海外にあり、その他大手のオンラインカジノと似たような運営をしていました。サーバーが日本国内にあれば、運営会社自体が逮捕されてしまうのですが、そういうタイプのオンラインカジノではなく、サーバーも海外にありました。しかし、その内容が少し特殊で、ビデオで登場するディーラーたちがすべて日本人であり、プレイヤー側もほとんどが日本人、そしてチャットも日本語で交わされており、完全に日本人向けに特化したサービスに仕上がっていたのです。
そのため、海外でプレイしているというよりは、日本国内でプレイしているという感覚になりやすく、警察側も日本人向けのサービスとして受け取り、逮捕したのだといわれています。この辺りの部分には気をつけながら遊ぶ必要がありますね。