オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの歴史

「オンラインカジノ」という、最近話題のインターネットサービスをご存知でしょうか。
オンラインカジノとは、インターネット上に作られたカジノのことで、プレイヤーはその仮想空間に足を運び、ディーラーや他のプレイヤーとカジノゲームを行い、実際にお金をかけて遊びます。
世界初のオンラインカジノは、1994年にイギリス連邦に加盟している「アンティグア」という国で始まったといわれています。本物のカジノと同じように、オンラインカジノも運営するためには国からのライセンスを取得する必要があります。そして、そこから数々のゲーム開発会社が設立され、さらにインターネットカジノを認可する国も増えていき、現在ではなんと20ヶ国もの国が、オンラインカジノ認可しています。そして、全世界で約2000ものオンラインカジノが存在しているといわれています。
ちなみに、通常のカジノはイタリアで1638年に生まれたといわれています。単純に歴史を比較すれば、オンラインカジノは圧倒的に本物のカジノに比べると新しいと言えます。

Avalon

オンラインカジノの仕組みと日本の法律

オンラインカジノにおいて面白いのは、そのシステムです。日本は、国がカジノという賭博行為を認めていないため、カジノを作ることはおろか、お金をかけたゲームをすることすら禁止されています。しかし、オンラインカジノの場合は、そのゲームを運営しているインターネット上のサーバーが海外にあるため、日本の法律では取り締まることができないのです。プレイヤーが日本にいたとしても、インターネットを通じてそのやり取りは海外のサーバーで行われているということです。
実際のところ、このあたりは非常にグレーなのですが、「本人が日本国内にいて、賭けの取引は海外で行われる」という状況は想定した法律など、賭博法を作った当時は考えてもみなかったでしょうから、仕方がありません。今後オンラインカジノを前提とした日本国内での法律が整備されていく可能性はありますが、リアルな現実のカジノも認めていこうと言う方向に国が動いていますので、もしかするとこのまま黙認される状態が続くかもしれません。
いずれにせよ、世の中の流れや国の考え方などを併せて考えると、できるだけ早い段階からオンラインカジノで遊んでおくべきだと思います。なぜなら、オンラインカジノはその他のギャンブルに比べると高い還元率を誇っているため、お金が儲かりやすく、損失が出にくいという特徴があります。そのように考えると、法律が整備されて明確に禁止されてしまう前にオンラインカジノで出来るだけ遊んでおきたいですよね。