ギャンブル依存症

社会的な問題になっているギャンブル依存症

厚生労働省が発表した日本人のギャンブル依存症の割合は約5%です。人数に直すと、なんと536万です。これは北海道の人口と同じぐらいの数です。日本以外の国では1%から2%という数字なので、日本人のギャンブル依存症の割合はかなり高いといえるのではないでしょうか。
日本には、他の国にはないパチンコやスロットという文化があります。これがその高いギャンブル依存症の発症率を産み出す原因になっているのでしょう。
逆に、日本にはカジノがありません。政府がカジノを認可してないからです。「これ以上ギャンブル依存症の割合を増やしてはいけない」という考え方があるようですが、実際のところ、ギャンブル依存症の割合を減らしたいのであれば、パチスロを撤廃し、カジノを作った方が効率はよさそうですが、その裏側にはきっと様々な大人の事情があるのでしょう。
軽度のギャンブル依存症であれば、結婚したり、子供ができたりといった人生の転機によって克服することが多いようですが、依存度が高くなってしまうと、人生を狂わせかねません。例えば、ギャンブルをしたいがために嘘ついて仕事をサボったり、学校をサボったりしてしまうようになり、さらには人や金融機関からお金を借りるようになり、その借金を返すためにさらにギャンブルを繰り返すという、蟻地獄に嵌ってしまうのです。
特に、初心者の頃にビギナーズラックで大勝ちをしてしまうと、その記憶が脳に強く刻まれ、「多少負けたとしても後で取り返せばいい」と考えてしまうのです。

オンラインカジノ依存症

オンラインカジノをする際のギャンブル依存症防止方法

では、もしあなたがこれからオンラインカジノをプレイしようと考えているのであれば、どのような方法でギャンブル依存症を防止すればいいのでしょうか。
最もわかりやすく、効果が高い方法は、日常的に接する人に「自分はこれからオンラインカジノをプレイする」ということを宣言し、自分のアカウントのIDやパスワードをその人に教え、遊びすぎていないか見張ってもらうようにお願いするという方法です。「ゲームをしすぎている証拠を発見したら、ご飯を1回おごる」なるといったルールを決めると良いのではないでしょうか。自分1人でやってると、ついついはまりすぎてしまいますが、他人の目があるとそこに歯止めがかかりやすくなります。
その他にも、使用するクレジットカードに対応する銀行を普段使用している銀行と分けておき、そこには、オンラインカジノで使っても良いと判断できる分のお金しか入金しておかないという方法があります。そうすれば、物理的にそれしか使えないので、お金を過剰に使用してしまうということはないはずです。