オンラインカジノの違いとは?

オンラインカジノ

日本人が遊べる様々な種類のギャンブルの中で、オンラインカジノというのは少し特殊な立ち位置にあります。
国営ギャンブルの中に存在するものではなく、他の国が認可しライセンスを発行しているオンラインカジノに日本人がネットを通じて遊びに行くという形をとっているためです。そのため、さまざまな面で他のギャンブルとの違いが存在します。では、どのような部分が他のギャンブルとは違うのでしょうか。この記事では、一つずつ解決していきたいと思います。

時間に縛られない

オンラインカジノは、オンラインであるため、24時間いつでもどこでも楽しむことができます。
お店が開いている時間しか楽しむことができないというタイプのギャンブルではありませんし、レースが行われている週末しか楽しめないというスタイルタイプのギャンブルでもありません。そのような意味では、隙間の時間があればそれを活用してギャンブルを行いたいという人や、週末は仕事で忙しくてレースに行けないという人や、夜に仕事していて、昼間はずっと寝ているという人など、生活リズムが一般的な人と異なる方は、やりやすいギャンブルだといえるでしょう。

場所に縛られない

オンラインカジノは場所に縛られることはありません。電波繋がっている携帯電話は手元にあれば、そこからアクセスしてオンラインカジノハゲも楽しむことができます。もちろん、パソコンが手元にあればパソコンでプレイすることも可能です。他のギャンブルの場合は、どうしてもそのギャンブルが行われている時に足を運ばなければいけません。オンラインではない通常のギャンブルでもそうです。家の中だけで1人でできたり、会社のお昼休みの時間にてきたり、人を待っているようなちょっとした空き時間にできたりと、地下にも他者にもとらわれずに楽しむことができます。

高い還元率

還元率は、お客さんの手元に戻ってくる掛金の割合のことをいいます。
国営ギャンブルで言えば、宝くじが50%、競馬は75%、パチンコやパチスロが85%程度だといわれています。
オンラインカジノは平均してこの還元率が97%前後だと言われています。これは非常に高い数字です。そのため、オンラインカジノが勝ちやすい理由はこの還元率(ペイアウト)が理由だとされています。
これだけ高い割合のペイアウト維持できるのは、オンラインカジノがその運営経費に、そこまで大きなお金がかからないからということも理由の一つにあるようです。

還元率