オンラインカジノの歴史と現在の状況

オンラインカジノと言う言葉を初めて耳にした人もいるかと思います。そして、今まで知らなかったと言う事で、違和感を覚える人や安全性などを不安視する人も多いかと思います。しかし、今回初めて耳にしたような人でも、オンラインカジノの歴史と現在の状況を知る事で、今後、オンラインカジノに対する意識が大きく変化する事と思います。

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノは、1995年に誕生したと言われています。確かにラスベガスのカジノや日本国内の公営ギャンブルだある競馬やパチンコ。その他、宝くじなどに比べ歴史はとても浅いと言えます。しかし、オンラインカジノの場合、オンライン、つまりインターネットが普及して初めて成り立つものとなります。そう考えれば、さほど、オンラインで考えた場合、歴史が浅いと言う事は言えないと思います。

その後、1996年から1997年にかけて、数多くのオンラインカジノが普及し現代に至る事になります。

オンラインカジノは、どこが運営しているのか?

オンラインカジノの場合、出来た当初は日本語対応をしているところは少なく、手軽に日本人が利用する事は出来ませんでした。しかし、最近では、多くのオンラインカジノで日本語対応をしており安心して利用する事が可能になっています。
その為、オンラインカジノの画面は全て日本語表記。何か困った事があっても日本語でサポートを受ける事ができるため、実際、どこが運営しているのかわからないといった人も少なくありません。
オンラインカジノの場合、カジノのライセンスを取得する事が可能な国のライセンスを取得し、そこで運営しています。ライセンスの取得が可能な国は様々で、イギリスやオーストラリアといった大きな国のほか、英領マン島やマルタ島、ジブラルタルなどあまり聞き覚えのない国まで様々です。とは言っても、少なくとも、ここに明記した国のライセンスを取得しているのならば安心して利用する事が可能なオンラインカジノ。何もイギリスやオーストラリアにこだわる必要はありません。
ライセンスの取得を可能にしている国の中には、審査など行わずライセンス取得に必要な費用さえ支払えば発行しているような国もあります。このような国のライセンスを持ったオンラインカジノの場合、ライセンスを取得しているからと言って、必ずしも信頼する事ができるとは限りません。その為、必ず信頼性の高い国のライセンスを取得しているオンラインカジノを選ぶ必要があります。

日本において、違法ではないのかと言う点

各国のライセンスを取得して運営を行っているオンラインカジノ。だからと言って、カジノを行う事ができない日本で利用すると「違法ではないのか?」と思う人もいるかと思います。しかし、今の所オンラインカジノで遊ぶことが違法行為にあたる事はなく、現に多くの日本人が日本国内でオンラインカジノを楽しんでいる中、摘発されたと言うニュースを耳にする事はありません。もちろん、店舗型のカジノは違法です。しかし、店舗型ではなくオンラインカジノに関しては、今のところ、違法とみなされる事はありません。

非常に高いペイアウト率

日本の公営ギャンブルと言えば、競馬や競輪。また、パチンコや宝くじと言ったものもペイアウト率を比べるためには必要な存在です。この中で最もペイアウト率が高いと言われているのがパチンコの約80%。その次に競馬・競輪・競艇の75%が続きます。宝くじにおいては、半分もなく40%ほどだと言われています。
それらに比べ、オンラインカジノのペイアウト率は、95%と言われており、比べ物にならないほど高いペイアウト率を誇っています。これはあくまでも、オンラインカジノ全般の平均で、中には98%のペイアウト率となっているオンラインカジノもあります。

その理由は、オンラインで運営していると言う事が大きく関わり、オンラインと言う事で、店舗などを準備する必要はありません。また、人件費も最小限にする事ができ、結果、経費を削減する事で、その分、ペイアウト率を高める事ができるようになるのです。その理由を知れば、高いペイアウト率も納得する事ができるかと思います。その理由を知らなければ反対に高すぎるペイアウト率にかえって不安に感じてしまう人も出てしまうのではないでしょうか。

最後に

以上がオンラインカジノの歴史と現在の状況になります。1995年と聞くと確かに歴史は浅いと言えるかもしれません。しかし、1995年から今まで、地道に実績を積み上げてきたオンラインカジノも多く、そういったオンラインカジノは、オンラインカジノの業界の中では老舗となります。そんな、実績のある老舗のオンラインカジノを選ぶ事で、トラブルに巻き込まれるような危険性もなくなり、安心して楽しむ事ができるオンラインカジノ。その為、決して、歴史が浅いからと言って心配する必要はまったくないと言えると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です