ネット上に溢れる様々な攻略法

今日は私がこれまで目にしたことのある攻略法について書いてみようと思います。

31システム法
31システム法
31システム法という攻略法は初心者にもお勧めだと言われているのですが、ちゃんと31システム法のメリットとデメリットを理解しておかなくては、正しく活用することは難しいかと思います。
ここでは31システム法のメリットとデメリット、そして活用方法について少しご紹介をしていきます。
オンラインカジノで31システム法を利用する場合、「1.1.1.2.2.4.4.8.8...」とベットしていきます。
31システム法の31というのは、左の数字からベットをしていく投資方法になっており、31ドルになればいいわけです。
なお31システム法では2連勝をすることに成功をしたら終了となります。
ですから、他の投資方法と比べると、短期間で終了をさせることができるという特徴がありますね。
オンラインカジノにはいろいろなゲームがあるのですが、31システム法は多くのゲームで対応させることができるようになっています。
ですから、初心者で様々なゲームをしてみたいという人にもピッタリです。
これが31システム法のメリットになっているのですが、デメリットについても知っておかなくてはなりません。
攻略法というのは、メリットだけを見てしまっていると、痛い目を見てしまう危険性もありますから、ちゃんとデメリットも理解してくださいね。
先ほど、ベットのやり方について説明をしましたが、31システム法の場合、8回目でも負けてしまったら、9回目で黒字にすることはできません。
この場合、2連勝をすればプラスと言う事にならないわけです。
オンラインカジノ攻略サイトでは、この肝心なことについて触れていないサイトも多いです。
8回目のベットでも負けてしまったのであれば、その日はそこで中断をするか、それともまだ続けるかを決めるようにしなくてはなりません。
仮に8回目で負けてしまったとしても31ドルだけ赤字になってしまっているのですから、そこで撤退をしてもそこまで大きなダメージではありません。
31ドルという限定された金額の中でギャンブルを楽しむことができますから、ローリスクの攻略法であることは間違いないでしょう。
ただ、31システム法で仮に2連勝を成功させることができたとしても、利益は1ドルだけだと言う事も、デメリットと言えるかもしれません。

ラブシェール法

オンラインカジノ攻略法の一つであるラブシェール法をアレンジした方法について紹介をしていきたいと思います。
オンラインカジノをするのであれば、少しでも負けを少なくして、勝ちを増やしたいと思うものです。
そんな時に、ラブシェール法のアレンジ方法も、選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?
ラブシェール法というのは、少額の金額から始めて、両端の数字の合計数から、いくらベットをするのかを決定していくという方法となっています。
あらかじめ、ベット金額を決めてからギャンブルをするというのは、結構珍しい方法かもしれません。
ただ、ラブシェール法であれば、勝つことができれば赤字になると言う事はなく、ローリスクにすることができるようになっています。
オンラインカジノには、バカラやポーカー、ルーレットなどの定番ゲームがあるのですが、これらの提供されているゲーム全部にラブシェール法をしていくのは、結構気が滅入ってしまいます。
ですから、ラブシェール法を活用するのであれば、これまでの損益を見てゲームを選んだり、ランダムで結果が決まるルーレットなどのほうが良いでしょう。
反対に勝率が高いゲームでは、そこまでラブシェール法は必要ありません。
何故ならば、ラブシェール法というのは、負けないための攻略法になっているため、勝率と利益を維持しているゲームにはあまり必要性がないからです。
反対に勝率が悪すぎてしまうゲームでも、リスクが高くなってしまいますからお勧めしません。
ラブシェール法は利益を確保しながら行っていくという攻略法でもないですから、あまりラブシェール法について理解をしていない人は、ラブシェール法は利用しないようにしたほうが良いでしょう。
どうしても、ゲームを楽しみながら利益を伸ばしていきたいというのであれば、ラブシェール法よりもハーフストップ法などを使いながらゲームをしたほうが良いでしょう。
ラブシェール法は、利益になるまで、1ドルをベットしていき、勝つようになってきたら、ベット数を2倍にするという方法になっています。
ただ、ここで1セットを終了させる目安を決めなくてはなりません。
漠然としているのでは、途中までは勝つことができたとしても、流れが変わってしまって、負けてしまうと言う事もあるからです。
オンラインカジノに必勝法はありません。
ですが、少しでも勝ちやすくするための方法はあります。
ラブシェール法もその中の一つなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です